最新刊のご案内
(年間6冊):1800円(税込)+ 送料:500円 1冊購入:350円

新生『ダーナ』は時代をつなぐために、大切なことは何なのか。それを探し続けたい――。

2015年 初春号 1月15日発行

ダーナ

2015年 初春号 1月15日発行

定価350円

DANA Interview 新春特別対談 夢を熱く語ろう。そうすれば、実現する。

北原照久×山崎大地

・世界屈指のおもちゃコレクターとして知られる北原氏と、民間宇宙旅行時代の到来に向けて精力的に活動する山崎氏。熱い思いを胸に活躍する二人が「夢」について語り合います。

特集 心の壁を打ち破れ!

私たちは仕事をするうえでさまざまな人と出会います。そのなかには、「意見が合わない」「性格的にムリ」「一緒にいるのもイヤ」などというネガティブな感情を相手に抱き、心の壁をつくってしまうことがあるのではないでしょうか。今号では、そうした「心の壁」をどうしたら取り除くことができるのかを考えます。

・今村光章(岐阜大学教育学部教授)
・多比良恭司(婦人アパレル会社代表)
・武内 豊(住宅設備販売会社代表)
・林家たい平(落語家)
・大谷徹奘(薬師寺執事)

連載

Dana Times

上田紀行
文化人類学者・上田氏が仏教的視点で社会問題を斬ります!

目からウロコの仕事力
――仏教から学ぶ経済・社会

「分かち合い」「共生」「利他」といった仏教の教えに基づいた経済のあり方をわかりやすく解説します。

波濤を越えて
あの日から変わったこと、知ったことがある。

東日本大震災で被災しながらも再出発した男性をルポします。取材と執筆は、被災地の子どもたちを紹介した『つなみ』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞したルポライターの森健氏が担当します。
第13回は岩手県釜石市の野村亨平さんです。

清水克衛の「逆のものさし」

人情書店「読書のすすめ」店長・清水氏が、逆転の発想で豊かな人生を送る知恵をお伝えします。

河合敦の傍楽人(はたらくびと)列伝

現役の日本史教師であり、人気歴史作家でもある河合氏が、「利他」の精神を貫いた歴史上の人物を紹介します。第4回は伊能忠敬です。

林家たい平の笑門来福

テレビでもおなじみの落語家・たい平師匠が、さりげない日常の一コマを軽妙にして洒脱な筆致で切り取る"笑エッセイ"。

KANJIの世界――古代人からの伝言

漢字にこんな由来があったとは! 漢字に託された古代人の思いを、篆書で名高い髙橋氏がひも解きます。

その他強力ラインアップ!

写真企画「Frame」 写真と文・中野正貴
お父さんのための介護教室 高瀬義昌
まんが「SLOTH×BOSS」 画・人見恵史

※北原照久の〝元気になる魔法の言葉〟は休載します。

「ダーナ」とは、「旦那」を語源とする梵語です。
「布施」を意味し、慈悲心や情け、思いやりを表しています。

>>一覧

逆のものさし塾

日本一の人情書店「読書のすすめ」と『DANA』のコラボによる塾がスタート!読書をとおして、人生を力強く、前向きに生きる術をともに学び合う場をつくっていきます。